カミソリや毛抜きが肌に悪いのはなぜ?

ミュゼの裏事情と料金の注意点は? > > カミソリや毛抜きが肌に悪いのはなぜ?

カミソリや毛抜きが肌に悪いのはなぜ?

自分でムダ毛処理を行う方法の中でもカミソリと毛抜きを使った自己処理は手軽に行えて費用もあまり掛らないので、誰もが一度はしたことがありまた一番良くされている脱毛方法ではないでしょうか。

この2つの脱毛方法は簡単ではありますが、適切な方法で処理することや処理後のお手入れをきちんとしなければならず、またきちんと手順を踏んでいてもこの2つを使って脱毛処理するのはデメリットの方が多く肌にも悪いのであまりオススメはされていません。

まずカミソリでの処理についてですが、剃ったムダ毛と一緒に皮膚の表面も削ってしまうことが一番のデメリットになると思います。

皮膚の表面を削ることで肌を傷つけてしまいますし、それによって肌の潤いを保つ事ができにくくなり乾燥肌になってしまったり肌荒れを引き起こしたりすることがあります。

またカミソリで肌を傷つけることを繰り返していると、色素沈着を起こして皮膚が黒ずんでしまい一度そうなると元の状態にはなかなか戻りません。

それにワキなどは曲線がある場所なのでカミソリでは剃るのが難しく、誤って皮膚を切ってしまう可能性もあり危険です。

次に毛抜きを使って1本1本時間を掛けて脱毛する方法ですが、毛の生えている方向と反対の方向に引き抜いてしまうと毛穴が広がってしまいますし、抜いた後の毛穴に細菌が入って周辺の皮膚が炎症をおこしたり化膿してしまうというデメリットがあります。

また毛穴が開いた状態になってしまったり、鳥肌のようなブツブツの状態から戻らなくなったり、色素沈着して黒くなることもあるようです。

それに皮膚の内側で毛が伸びてしまう埋没毛というトラブルも起こりやすく、そうなると外からの脱毛処理がしにくくなりますし中で化膿することもあります。

どちらのムダ毛処理方法も結果的には肌に悪く炎症や色素沈着などがおこりやすく、それによって見た目が悪くなることは同じですので、できるだけ避けたい脱毛方法といえるでしょう。



>>ミュゼにお得なウェブで申し込みする<<

>>その他の脱毛店を見てみる<<

タグ :