毛嚢炎は脱毛トラブルで良く起こります

ミュゼの裏事情と料金の注意点は? > > 毛嚢炎は脱毛トラブルで良く起こります

毛嚢炎は脱毛トラブルで良く起こります

毛抜きやカミソリなどでムダ毛を自己処理すると、肌が傷ついて炎症を引き起こしてしまうことがあります。

、多くの肌トラブルの一つに毛嚢炎は毛穴のトラブルがあり、赤い吹き出物のように触ると痛みを感じたり、熱感があったり、悪化すると膿が溜まったニキビのように見えることもあります。

膿を持った状態にまで悪化してしまうと、治って肌が元通りに治るまで時間がかかりますし、クレーターのようなニキビ痕が残ってしまうこともあり、メイクをしてもなかなか隠すことができないため、コンプレックスにもなります。

このような症状になってしまう大きな原因としては、カミソリや毛抜きなどを使用してムダ毛の脱毛処理を自分で行うことで毛穴が傷つき、その毛穴に雑菌が入ってしまい炎症を起こしてしまうことが大きな原因となっており、自己処理をした翌日になると赤く腫れてきます。

毛嚢炎にならないためには、カミソリや毛抜きなどの自己処理によって毛穴を傷つけないことです。

また、肌が乾燥状態の時に脱毛すると、肌のバリア機能が低下しているため更に毛穴が傷つきやすくなるため、処理前は肌をしっかりと保湿することが大切です。

ムダ毛の処理中に肌にヒリヒリ感や痛みを感じる場合はその時点で肌や毛穴が傷ついてしまっているため、すぐに処理は止め、クリームなど肌を保護するものを塗ってから処理を行いましょう。

自己処理によって脱毛している場合は、毛穴に雑菌が入り込みやすい状態であるため、カミソリや毛抜きなどのケアアイテムはは常に清潔にしておき、処理をした後には保湿ケアを必ず行いましょう。

毛嚢炎は脱毛施術によって簡単に発症してしまう炎症ですが、脱毛処理をする前に使用する道具は清潔にしておき、肌を傷つけない事が大切です。

万が一、症状が悪化してしまい、熱を持って大きく腫れた状態が続く時は、セルフケアで治すのは厳しくなりますから、皮膚科にいって治療を受けることが大切です。



>>ミュゼにお得なウェブで申し込みする<<

>>その他の脱毛店を見てみる<<

タグ :