脱毛エステのクーリングオフの仕方

ミュゼの裏事情と料金の注意点は? > > 脱毛エステのクーリングオフの仕方

脱毛エステのクーリングオフの仕方

クーリングオフはエステサロンでの脱毛施術を契約してしまっても、解約して支払った料金を全額返金してもらえる制度のことです。

クーリングオフはハガキや手紙などをサロンに送付して通知するだけで行うことができ、サロンに電話したり足を運んだりしなくて良いので面倒がありません。

しかし、いつでも、どんな形の通知でも成立するものではなく、可能となる条件があります。

エステサロンで脱毛の無料体験やカウンセリングを受けたあと、エステティシャンに勧誘されて契約したが、帰ってきてからよく考えたら契約する必要が無かった、などという場合に行うことができます。

難しそうな制度ですが、自分の力で行うことができるので、いざという時のために覚えておくとよいでしょう。

クーリングオフが可能な条件とは、契約をした日から8日以内、郵便で通知する場合は8日目の消印まで有効。

契約期間が1ヶ月以上や、契約金額が総額5万円以上の場合に適用されます。

クーリングオフには、決まった形式がなく、契約した相手であるエステサロンに契約を解除するという旨を紙に書き、8日以内に郵便などで送付すると適用されます。

しかし、紙に書いて送っただけでは、届いていない、期限を過ぎている、とされ、サロン側が契約解除が成立しないと主張するなどのトラブルが起こる可能性も十分に考えられるので、投函した日にちと確実に届いたという事を公的に証明しておくと安心です。

通知を書く時には、あいまいな表現ではなく、解除すると断言した書き方をしましょう。

解約する際は、解約理由を告げる必要もありません。

電話や対面では契約解除をしたいと申し出るのは大変勇気が必要ですが、書面で通知することで、不要なやりとりをなくすことができます。

また、クーリングオフが適応できない場合もあるので注意が必要です。

契約日から8日以上経過している場合や、エステサロンではなく、クリニックでの脱毛コースの契約は解除できません。

クリニックでの脱毛コース契約は、医師との医療契約になるため、対象とはならないので、クリニックでの脱毛契約は慎重に行いましょう。



>>ミュゼにお得なウェブで申し込みする<<

>>その他の脱毛店を見てみる<<

タグ :